気付かないフリ@REPSS田口

こんにちは。

REPSSの田口です。

最近お腹周りが気になりだしました。

首周りも。

REPSSではありがたいことにたらふく食べさせてもらえるので、遠慮せずに食べていたらそうなりました。

当たり前ですよね。

今までは何もしなくても勝手に痩せていたのですが、年齢も年齢なのでさすがにちょっと手を打たないと大変なことになりそう。

ということで普段の食事やお酒、間食を控えるように意識をし始めました。

食べるメニューもそうですが、食べる時間帯だったり、1日で摂る水分量だったり。

もっと人に見られている意識をもって、自分に厳しく生活していこうと思います。

体力減退

さらなる効果を見込んでコロナの自粛期間ぶりに走ってみたりもしました。

3年ぶりの運動でしたが、あからさまに落ちている体力にショックを隠しきれません。

当たり前ですけど、やらなくなったことはどんどん退化していきますね。

3年前に走った時には高校時代の部活動貯金を感じていたのですが、予想以上の走れなさに驚きました。

1日運動しただけで既に膝が痛い。

美容師も一日中立ちっぱなし動きっぱなしで、体力勝負という側面があるので、転職したことも体力減退に拍車がかかったのでしょうか。

日焼けも汗をかくのも避けてきたのですが、そうも言ってられなくなってきました。

いつの間にかREPSS社変態ランナーの道へ誘導されている気がしてきました。

出来れば社内にバレずに、自分のペースでダイエット目的で気楽に走ってみようと思っていたのですが。

これも三日坊主にならないように継続していきたいです。

どんどんオジサンになっていきますねw

全て変わっていく

何年も運動していなかったら、別人レベルで変わるのも無理ないですよね。

人に言われて気づく部分もあれば、自分自身で気づいているけど目を背けていた部分もあったと思います。

いつかやらなきゃ。とわかっていてもなかなか動き出せていないことってありますよね。

太るとは無縁だと思っていたのですが、気付けば着実に悪い方向へ進んでしまっていました。

手遅れになる前にいよいよ対策をうつ訳ですが、体型や運動不足以外にもいろいろあるかもしれません。

いろいろ見直さなきゃいけませんね。

ただでさえ取り巻く環境が変わっていく世の中で、面倒臭いからといって行動を起こさなければ現状維持すらも難しくなります。

手遅れになる前に、都度対応していく必要があります。

美容業界では技術も流行りも商材も、どんどん変わっていきます。

経営に関わりのある法律や制度も変わっていきます。

何が最善か?

最善な方法とは結果論で判断されがちですが、歳をとるとリスクをとってまで何かしらの行動を起こすことが難しくなっていく気がします。

サロン経営も一緒かもしれません。

今は大丈夫、うまくいっていると思っていても、実はじわじわと衰退の道を進んでいるかもしれません。

何も変えずに今まで通りを続けていくことも、それはそれで楽なんですが、もしかしたらリスクもあると思います。

良いものは良いで継続することも大事ですが、本当に大丈夫なのかどうか?

毎年採用出来ているからといって、この先も安定した経営ができるとは限りません。

今、利益が出ているからといって、将来安泰かは保障されていません。

気付かないフリ

自覚しているのにやっていないのは、やればいいだけ。

自覚できていない問題は厄介です。

本当はわかっているけど気付かないフリをしている問題はもっと厄介です。

仕事に取り組む毎日の中に、たまには冷静に見つめ直す時間を作ることも必要かもしれませんね。

体型同様に油断しないようにしたいです。

多少膝に痛みが出るかもしれませんが、工夫しながら走り出してみたいと思います。

この記事を書いた人

田口 恭平
田口 恭平
(タグチ キョウヘイ)元美容師。
美容室の経営に関わる仕事がしたいと思い、REPSS株式会社に入社しました。
最近は美容師新人教育の見直しについてのご相談を受けることが増えています。
その他、美容室に関わる保険、独立開業、採用、教育、税務、労務など、美容業界で働く皆様にとって、お役に立つような情報、気付きを発信していきます。

前の記事

最初の職場@REPSS田口