独立開業、成功するためには@REPSS照井


こんにちはREPSS照井です。

REPSS社では2ヶ月に一度、『独立開業セミナー』を開催しております。セミナーの内容は、独立開業するためには何をするのか? どんな準備をしたらいいのか? 融資はどこから受けるのか? そもそもどんな段取りで進めていくのか? 情報提供はもちろんですが、一番大切にしている事があります。それは、これから独立開業する皆様が間違えた選択をして後悔しないように。そもそもなぜ独立開業するためにこれをするのか。なぜ必要なのか。といったなぜにこだわり、深掘りをし、なるべく分かりやすくお伝えする事を心がけています。

次回は3月26日(火)18:00〜開催予定ですので、独立を考えて情報を集めている方はもちろん、今後の美容師キャリアを考えた時に、独立もありなのかな。と考えている方でも大歓迎です。

 

独立し成功する条件とは

独立開業をお手伝いさせていただいている中で、この人は成功するだろうなという基準があります。

それは現在の売上です。

いくら売上があれば独立しても成功するか。という具体的な数字は、どこで出店するのか、スタッフは雇うのか、スタイリストなのかアシスタントなのか。によっても変化してくる部分なので、ここでは一概に書けませんが、今現在の売上が独立してからの基準になります。

例えば、今現在の売上が100万円の場合、独立してからも100万円の売上をつくることができると思います。なぜならば、100万円の売上の作り方を知っているからです。

しかし現実的に考えると、独立してすぐは今より売上は基本的に下がります。現店舗から距離が離れてしまったりと、他にも様々な要因が考えられますが、今現在よりも売上は下がる。と前もって知っておくだけでも少し気持ちに余裕がでますよね。

イメージとしては、独立した初年度の売上は、現在の売上の7割と仮定します。現在の売上が100万円だとしたら、70万円ですね。この数字を元に融資の事業計画書を作成します。売上が下がったとしてもサロン運営ができるのか。という部分で独立できるできないの判断をしたりします。

 

目的は独立する事ではない

独立開業で動いているうちに、独立する事が目的になってしまう。そうなってしまう事があります。もちろん独立するために色々考え準備していく事は大切です。

しかし、本来は独立がスタートだと私は思います。

独立を考えた時、どういうお店にしていきたいのか。今後どういう事業展開をしていきたいのか。そもそもなんで独立しようと思ったのか。考えや思いは皆さん違うと思います。本来であれば独立してから、今後どうしていきたいか。という未来が皆さんあるはず。その未来を叶えていくための手段として独立があると思っています。

 

立ち止まる勇気も時には必要

勢いだけではできないこともありますよね。独立も一緒です。自己資金があまり貯まっていない。現在の売上が独立を考えた時にはまだ足りていない。そういった状況の場合、独立したい!という前向きな気持ちを持っていても、勢いで独立してしまうと、後々後悔してしまう事が多いのが現実です。なぜならば、独立し無事オープンできたとしても、維持することができなくなってしまう可能性があるからです。経営を維持していくためにも運転資金がある程度必要であったり、集客などの作戦をしっかり考えていないと、思ったよりも売上が上がらない。家賃などの固定費を支払うのに精一杯で、生活が苦しくなってしまう。

そうならないためにも、自己資金をしっかり貯め、現在の売上もしっかりと作れている状態が理想ですよね。もし独立する条件や、資金的な不安がある状態であれば、独立して今後叶えていきたい未来のために、今は準備期間として立ち止まる勇気も時には必要です。

 

 

この記事を書いた人

照井 翔太
照井 翔太
元美容師
美容業界の悩み解決や美容室経営に関わる仕事がしたいと思い、REPSS株式会社に営業として入社しました。
美容師の経験を活かし、保険、独立開業、労務、税務などあらゆる視点から美容業界で働く皆様のお役に立てるよう日々勉強中です。
今はSNS等で情報が簡単に手に入る時代。しかしその情報が美容業界の皆様に適切かどうか。皆様一人一人の状況に合わせて、適切な情報やアドバイスをお伝えしています。美容業界の皆様向けの「お金の勉強会」や「独立開業セミナー」も開催しております。