スピード感を持って@REPSS照井

こんにちはREPSS照井です。

年末年始が終わり通常通りの日常に戻りましたね。長期休暇が終わり、「明日から仕事だ、また頑張ろう」と気持ちをすぐ切り替えられる人もいれば、長期休暇の感覚が抜けず「明日から仕事か、まだ気持ちが乗らないな」と休みボケが抜けない人もいたかと思います。

気持ちを切り替え当日までにモチベーションの水準を合わせていく。スポーツ選手も試合当日までに体調やコンディションを調整し、試合に挑みますよね。仕事もその感覚に近いのでは?と私は思っています。

試合当日までに体調やコンディションを調整できなければ、自分の本来の力を発揮できる可能性は低くなりますよね。私のような営業マンや美容師さんも一緒だと思います。

自分の力を最大限に発揮できるよう、どこに向かって自分の状態を調整していくのか。時にはリラックスすることも必要です。そのメリハリをスピード感をもってコントロールできるようになれるといいですよね。

 

スピード

何をするにもスピードって大切ですよね。全ての人に平等に与えられている1日24時間という限られた時間をどう使っていくか。それを決めるのは自分以外の何者でもないですよね。

やらなければならない事や任せられている仕事、先程書いたモチベーションの合わせ方やコンディションの調整。何かを達成するという事が目的であれば問題はありませんが、早めに達成できたらそれに越したことはないですよね。

仕事をする上でスピードはとても大切だと私は思います。

 

サロンワークで考えると

例えばカットカラー2時間のところを1時間半で終わらせる。これができたらかなり効率がいいですよね。なぜならば生産性があがるからです。1人単位で見ると30分時間が空くだけかと思いますが、それが3人になると1時間半。今までには無かった時間が生まれるわけです。

カットカラーを1時間半で終わる事ができれば、もう1人カットカラーのお客様の予約を取る事ができるようになりますよね。もちろん髪の状態や、お客様のやりたい色味によっては2時間以上かかってしまうこともあるかと思いますが、仕事をスピード感を持ってこなす事ができ、それを継続する事ができたら新たな時間が生まれ、売上をさらにあげる事ができる選択肢が増えるわけです。

とはいえ、技術のクオリティーが落ちてしまっては意味がありませんよね。今の技術やクオリティーは落とさずに、いかに効率よくスピード感をもって無駄な時間を省いていくか。アシスタントもシャンプーやカラーの相塗りなどを数分間、仕事を早める事ができたら他の仕事をできるようになりますよね。例えば空いた時間でお客様のお流しができたり、スタイリストのドライのヘルプができたりと、お店全体での効率が良くなり生産性がどんどん上がっていきます。

 

小さいことの積み重ね

サロンオーナーは売上を上げる事、スタッフを育てて行く事、今の数字から今後どうしていくか。というこれらの事を経営者としての目線で考えていきますよね。

例えば、材料費が去年よりも少し高くなっている。たった1%かもしれませんが、その1%が積み重なると結構大きな金額になってくるはずです。高くなっている理由がプラスの要因であれば問題ありませんが、何故か分からないまま高くなっているのは怖いですよね。

原因はなぜなのか。たとえ少ないパーセンテージや額だとしても、スピードをもって対象できたら無駄なところを省く事ができ、問題が大きくなる前に対処できることもあるかと思います。

その浮いたお金をスタッフに還元したり、新たなことに挑戦できる資金にも回せますよね。

2024年になり、新しい年に変わったこのタイミングで改めて早めの対応、仕事、スピードについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いた人

照井 翔太
照井 翔太
元美容師
美容業界の悩み解決や美容室経営に関わる仕事がしたいと思い、REPSS株式会社に営業として入社しました。
美容師の経験を活かし、保険、独立開業、労務、税務などあらゆる視点から美容業界で働く皆様のお役に立てるよう日々勉強中です。
今はSNS等で情報が簡単に手に入る時代。しかしその情報が美容業界の皆様に適切かどうか。皆様一人一人の状況に合わせて、適切な情報やアドバイスをお伝えしています。美容業界の皆様向けの「お金の勉強会」や「独立開業セミナー」も開催しております。

前の記事

優先順位@REPSS千葉