仕事脳をリセットする時間@REPSS千葉

先日、おじさん1人でアウトレットに行ってきました。ちょっと寂しいw

行くとしたらほとんどが家族と一緒なので、ちょっと新鮮と思いつつ、ちょっと寂しいw

駅から5分くらいのところにあったんですが、行きも帰りも1人は私くらいでしたねw

とはいえ、行きたいお店に入り浸ったり、何回も戻ったり、好きなだけタバコも吸えるし、自由な時間を過ごせて楽しかったんです。

そういった気分転換の時間って、結構重要だと思っているんです。

ちなみに最近お気に入りの飲食店は、焼鳥日高。みなさん知ってます?w

 

たまには1人の時間も

必要だと思っています。

弊社会長の下道は、よく走っています。暇では無い中、時間を作って走ってます、もはや真っ黒に日焼けしてます。

営業の田口も照井も、時間を作っては運動をしているようです。

田口にいたっては最近太った?とみんなに言われるのが本当にイヤそうで、走ったり水泳したりしてますが、彼は嫌がれば嫌がるほどイジられるという事をまだ知りません。

運動したり1人の時間というのは、物事を整理したり、深く考えたりすることもできますし、逆に何も考えないという時間として使えたりします。

悩みがあっても、少しだけ何も考えない、正確には仕事以外の事に集中する事で、一回リフレッシュした状態で考えられる。そうする事によって考え方もまた整理され、新たな考えが生まれてきたりもします。

人と接している時間ももちろん大切なので、上手くバランスが取れているかが重要ですね。

張り詰め過ぎないことも大事

真面目な人ほど張り詰めてしまう。悪いことではないですが、余力がない状態が続いているのは、良い状態とはいえないと思っています。

まぁ、そんなに真面目じゃないんですけどw

とはいえ合間であったり、ひと段落してからであったり、抜く時間を作る。

私は筋肉ムキムキでは無いのですが、筋トレも同じみたいですね。

毎日負荷をかけてしまうと、痩せた硬い筋肉が出来上がっていくみたいです。1日の負荷を限界までかけて、休息を与えるとしなやかに膨らんだ筋肉が出来上がるそうです。

要はメリハリが大事って事ですよね。

どうしたって頭の片隅には仕事があって、気が付けば考えてたりしてしまう。

それであれば、半強制的に考えない時間を作ってリフレッシュするのも、たまにはいいのではないでしょうか?

あえて一度違う事を考える、もしくは何も考えない時間を作る。場合によっては思考効率が上がる方法になります。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。