備えるということ@REPSS千葉

本人には許可取っていないのですが、笑い話にしてくださいとの事なので書いちゃいますが、開業1ヶ月前にお会いしたら、片腕を釣っていて、もう片腕も包帯ぐるぐる。

どうしたんですか!?

スノボーにいって両肘骨折したと、、、

笑うしかない、いじってくださいとのことだったのでw

美容師さんで両腕骨折というのも初めて聞きましたしまさかの開業直前、笑うしか無いしいじるしかないですが、かなりの出来事ですよね。

皆さんも気を付けてはいると思いますし、中々起こらない事故だとも思うのですが、体が資本なので本当に気を付けてくださいね。

趣味を制限することもできないですが、バイク通勤などもそう考えると結構危険がつきまとってきますので、皆さん注意してくださいね。

普段とは違うことが起こる

こんなことを書いていますが、自分自身にも起こり得るという認識。

不謹慎かもしれませんが、震災だって場所によっては自分自身に関わってきますよね。

私も自転車にたまに乗っていますが、コケることだってある。全てに危険が伴って、それを気にしていたら何もできなくなってしまいますが、想定できることは前もって準備をしておく必要がありますよね。

両腕骨折はほんとに想定外ですがw

弊社でも、震災に備えて防犯グッズを用意するという話が数回上がっていますが、まだ準備がない。

人によって用意しなければいけない基準が異なったり、喉元を通り過ぎてしまうと意識が薄れていったり。その時その時で身が引き締まっても、実際に当事者になっていなければ危機感も薄まってしまう。

仕方のないことかもしれませんが、備えあれば憂い無しですよね。

最低限の準備、用意はしておいて損はないはずです。

経営のリスク

経営においても同じことが言えるかもしれません、コロナで何を学んだのか。

経営において一番考えなければいけないのは、お金でしょうか。お金が無ければ維持できないですし、守れない。

多くの経営者さんが来るしんだはずですよね。

この傷跡を塞ぐことができずに、異業種では倒産している企業もあります。体力を蓄えておくということは簡単ではないですが、イザというときに対応できる最低限の体力は残して置かなければいけませんよね。

そういった意味では、セーフティー共済などは適しているかもしれません。すでにやっているかもしれませんが、詳しく聞きたいという方がいればご相談ください。

事業主のリスクというものを考える機会は多々ありますが、どんな備えをしていますか?

最近では資産運用が活発ですが、それ以前にやらなければいけない事も多くありそうですよね。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。