美容室の仕事@REPSS千葉

個人的な話ですが、休日によく見ているYou Tubeがあります。

誰のかはくだらないので書きませんがw

テレビに出演していたときにはそれほど好きなタレントではなかったんですが、今は結構ハマっています。

そのタレントさんは、きっとテレビよりもYou Tubeというコンテンツで生きる芸人さんだったんですよね。

汚いおじさんを見て笑わせてもらってますw

活かし方

適材適所という言葉がありますが、実際の現場でも結構必要になってくる言葉ですよね。

誰に、何を任せるのか。

美容室の場合、もちろん美容の技術というものが必須になるわけですが、それ以外の仕事もおおくありますよね。

SNSの活用だったり、在庫の管理だったり、スタッフの教育だったり、店舗の管理だったり。美容以外の仕事は直接売上に繋がらないものなので、ついで感覚になってしまいがちですが、仕組みを作っていく上で必要不可欠な要素です。

そういった美容業務以外の仕事を、全員がまんべんなくできるカタチも素晴らしいですが、専門家を作っていく、もしくはセカンドキャリアに組み込んでいくのも有りだと最近考えています。

もちろんそこには時間を割くことになるので、サロンの体力がなければ人員は割けないので、そこに至るまでの経過が必要になっていきますが、将来の不安を解決するために、美容師以外の仕事に取り組んでいるサロンさんが増えてきているのも事実です。

スタッフの行く末を本気で考える時代になっていますからね。

教育担当

例えばですが、技術は凄いのにお客様からの支持率が低い、そんなスタッフがいたとしたら。

経営者からするともしかしたら扱いにくい存在なのかもしれませんね。ただ見方を変えると確かな技術力がある。であれば、スタッフ教育の責任者としては適任になるかもしれませんよね。

年齢を重ねて、以前のように仕事をこなすことができなくなったスタッフがいたとして、新規は新しいスタッフに振りたい。

教育というセカンドキャリアがあって、そこからも一定の給与が発生する仕組みができていれば、お互いにメリットがあるのではないでしょうか。

実際に良さそうと感じていただいても、とはいえ売上やキャッシュの問題がありますよね。そこをどうやって解決していくのかが重要です。

そうなっていくために今どんな整備が必要なのか、順を追って考えていく必要があります。

年齢を重ねて、このままで大丈夫なのか?という不安が離職の原因になり得るのであれば、そこを埋めていく動きをしていくべきですよね。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。