教育の難しさ@REPSS千葉

教育設計をお手伝いしているサロンオーナー、幹部の皆さんと打ち合わせがありました。

昨年度の教育の仕組みをアップデート、余分なものは削除し新たに付け加えるもの、起こった問題に対しての対策を練る時間。

その中で、新卒たち個人個人の話になりました。

一番成長しているスタッフ、一番出遅れてしまっているスタッフなど、色々な話を聞いたのですが、、アカデミー時代の問題児が今は急成長しているとか、きちっとこなしていたスタッフが今は伸び悩んでいるとか、当初の印象から大きく変化しているということ。

当たり前の話なんですが、実際に聞くと短期間でスタッフの良し悪しを判断するのは難しいと改めて感じました。

長期教育

私達が推奨しているBTP(ベーシックトレーニングプログラム)というのは、教育の時間設定をすることによって教育を見直すという仕組みですが、副産物としてアシスタントの成長を急激に早める効果もあります。

とはいえ本来の目的はそこではなく、従来からある美容室教育の問題点を解決する手段、早期離職に対する手段というのが主な目的です。

技術レベルが上ったから売れっ子になれるかといえばそうではなく、人間力や接客力など、美容師として必要な要素は長い期間での教育になっていくでしょう。

遅刻グセのあるスタッフが、スタイリストになったらしっかりする、お客様がいることに喜びを覚えてSNSに力を入れ成果を出す、こんな事もよくある話。

ある程度長期的な考えをしておかないと、せっかくの素材を手放すことになってしまうかもしれません。

美容師の楽しさ

仕事に真面目であれば、清掃やスタイリストのヘルプに入って、充実した毎日を送れるかもしれません。

でも美容師の楽しさはそこではない気がします、自分のお客様が、自分が行った施術を気に入ってくれてリピートしたり、関係性を築けていくこと。

そういった美容師の楽しい部分に、できるだけ早くたどり着く。そういった事もBTPでは叶う部分だと考えています。

練習時間を業務時間内に収めるというのは、なんとなくでは難しいですよね。

でも通常であれば2〜3年かかってしまう教育を、営業時間内に落とし込む事ができれば、機関をぐっと短く、プライベートの時間も守りつつ成長できるんですよね。

それってなんか甘くない?という気持ちは痛いほど理解できますし、自分も実際そうでした。

でもそこが問題になるということをしっかりと認識し、改善していく意識がなければ、美容業界という分野は今後衰退していってしまうかもしれないくらい、大きな課題だと思っています。

約1年が経過して

冒頭にあったサロンさんでの離職、気になりますよね。

9人が昨年4月に入社し、現時点での離職は1名です。今後どうなるかは正直わかりませんが、結果として離職を防げているという共通の認識です。

実はスタッフが連れてきて、そのスタッフが育てるという新人が2名いたのですが、そのうち1名は離職したそうです。

まだ1年なので、データとしては乏しいところですが、サロンオーナーや幹部は、その違いを実感していただけているようです。

この調子でスタッフが残ってくれれば、出店という成長しかありませんよね。

この先に何処かで離職の問題が発生したとすれば、そこに問題があると捉え、更に改善していく。データを取り、分析し改善していく、その繰り返しなんですよね。

問い合わせが増えて来ています

どんな事をしているのか?

実際にどうなのか?

という問い合わせを最近いただくようになりました。やはり離職や教育を気にしている経営者さんが多いのでしょうね。

気になっているのであれば1度お話をしてみませんか?

今抱えている問題を、一緒に解決していきましょう。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。