飽きる前に刺激を作る@REPSS千葉

もうすぐクリスマスですね、年内の仕事もあと数日になってきました。

年齢とともにクリスマスというイベント、クリスマスに限らずイベントというものからドンドン縁遠くなっているような気がしますね、誕生日とか記念日とかもなんとなくフワッと終わっていく事が多くなってきました、、、前からそんなに気にしてなかったんですけどねw

マンネリ解消

私生活でも仕事においても、こんな事を言って良いのかわかりませんが、マンネリって付き物ですよね。その環境が当たり前になって行くことは悪いことばかりではないですが、マンネリというのは良くないことですよね。

刺激がなく、つまらないと感じてしまっている状態です。

私が働いていたサロンでは、年末のイベントで仮装をしたり飾り付けをしたりして、ぶっちゃけやるまでは乗り気じゃなかったですが、みんなでバカみたいな事をするというのも刺激になっていたように思います。

うちわでのやばい盛り上がり感も若干ありましたが、くじみたいのもありお客様も結構楽しんでくれていたのではないでしょうか。

日々の刺激がなくなっていくことは、余計なことを考えてしまうきっかけにもなりますしね。スタッフみんなで食事会、社員旅行などのイベントも最近では少なくなっているのかもしれませんが、普段と違った姿を見たり、くだらないことで盛り上がったりする時間って結構大事だと思っています。

時にはお客様を巻き込んで、サロンワークとは違う関係性を作っていくのも面白いですよね。お客様との距離感が近すぎるのも良くないという意見もあると思いますが、生涯顧客という考え方であれば、そんな時間を過ごしてもいいですよね。

一番飽きているのはスタッフ

もしかしたらスタッフが一番マンネリを感じているかもしれません。

仕事中は外にも出ず、同じ環境で同じメンバーで仕事をしているので、飽きが来ても不思議ではないですよね。

そういったマンネリはちょっとしたことでも解消できると思っています。

みんなで何かをするという事を嫌がるスタッフも居るかもしれませんが、関係なく巻き込んでしまい、結果楽しかったという事を繰り返していけば、来年に期待したり、毎年の楽しみになり、恒例行事になって文化になって行くものなのではないでしょうか。

サロンで毎年年末に何かイベントをしていれば、お客様も毎年の楽しみにしてくれたりしていくかもしれませんね。

ちょっとしたことでも良いと思いますし、凄い準備も必要ない方法もありますので、ちょっとした刺激を作っていくというのも、経営者の仕事なのではないでしょうか。

 

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。