時間が経つのが早く感じる事@REPSS千葉

あるオーナーさんから税金が高くてやばい、、、という相談がありました。

具体的にいくらで、どう対策していくかは置いておいて。

昔から知っているサロンで、オーナーさんとのお付き合いも10年以上なんですが、中々大きな悩みでもあるのですが、結構ヘビーな状況があったことも知っているので、大きな悩みではあるが調子が良いからの悩みであり、前向きな悩みですねと話が盛り上がりました。

ありきたりですがどう変換するか

悩みが無い時事なんてないよねとお話したのですが、そうなんですよね。大きい小さいはあるかもしれませんが、悩みが無いときなんか無いんです、きっと。

そんな話をしていたときにふと、大きな問題を抱えた経験がある人って、解決できたできなかった関わらず結構ポジティブ。

あのときに比べたらとか、こんな状況だけど◯◯じゃなくて良かった、とかその状況を楽しむまでは行かないにしても、プラスの要素を探し出し、こうじゃなくて良かったとか捉え方を変換しているんですよね。

以前の会社の先輩が、どんなことしてもどんなことがあっても、大体のことは命までとられないから。と言っていましたが、そこまでいくと流石の領域です、殆どのことが命取られなくって良かった。という良かったことになってしまう。

めっちゃポジティブw

楽しそうな雰囲気

嫌なことや辛いことがあったとしても、自分自身がまずポジティブに変換できるかどうか。どうせだったら楽しい方がいいじゃないですか。

遠い昔、ほんとに小さな話ですが、1日分のペーパー洗って伸ばすのめちゃくちゃ嫌だったんですよ、年配のお客様が多かったので半端じゃない枚数。

ある時考えたんですよね、この時間をなんとか楽しい時間に変換できないかとw

そこですごい速さで伸ばしていくタイムアタックの日と、誰よりもきれいに伸ばす日を勝手に取り入れ、一人で楽しむ方法を模索したりしていました。

そうなってくると不思議なもので、ドンドン来いって気持ちになったり、スイッチが入ったりするんですよね。

どうでもいい話ですがw

時間は誰にでも平等なので、その平等な時間をどんな気持ちで過ごしていくのか。

どうせなら楽しい時間が多いほうが良いですよね。修行のような時間ももちろんありますが、その時間だって楽しむこともできるはずです。

時間は平等ですが、体感時間は異なりますよね。楽しい時間はあっという間に過ぎるのに、苦痛な時間はすごく時間が経つのが遅い。

きっとどれだけ集中できているか、楽しめているかで有意義な時間に変わっていくものなんでしょうね。

 

 

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。