優先順位@REPSS千葉

今現在、ブログを書いていますが、実はやらなければいけないことが何個か重なっています。

その中で優先順位を考え、何から手を付けていくか?

ブログを書く前に、1つ片付けた事があり、ブログが終わったら手を付けようと思っていること、今日中、明日まで、今週中などの期限や重要度を考え、取り組んでいます。

たまにやっちまったという事も起こってしまうのですが、やることが増えれば増えるほど整理し、優先順位を決めていくことが重要になっていきますよね。

後回しにしてはいけないことを、後回しにしていませんか?

 

まずは期限

期限が今日までなのであれば、やはり優先順位が高くなります。

明日にするわけにも行きませんが、万が一失念してしまったら大変なことになるかもしれません。

明日までだから大丈夫というわけでもありませんが、期限が迫ってしまっているのであれば、優先する事項になってきますよね。

重要度が低い場合は先延ばしにすることも可能ですが、相手がいる場合にはそうもいかない話ですので、自分自身だけの問題か、相手がいる場合なのかによっても優先順位はつけられそうですよね。

重要度

仕事は全てが重要ですが、その中でもお客様に関わることは優先したいですよね。

クレームの対応を後回しに、気持ち的にはそうしたいところでもありますが、早い対応に越したことはありません。

期限が決まっていなくても、今こうしてブログを書いている最中にお客様からクレームがあったとすれば、そちらを優先して動きます。

全てが重要な中で、更に細分化して優先順位を決めていく。

仕事ができると感じる方々をみていると、この能力が高いように感じています。

奥さんが話しをしたがっているのに、優先してテレビを見てしまっていては、怒りを買って本当に重要な問題に発展してしまうかもしれませんよねw

重要度が高く、後回しにしているものはありませんか?

厳しい見方をすれば、人さえいれば、誰かいないかな?と思いつつも行動ができていなかったり。スタッフが辞めた時には何か改善をと思っていたが、改善せずにそのままにしていたり。

これは重要度の高い問題、仕事を後回しにしてしまっているのかもしれません。

すぐにすぐに解決できるものではないので、時間ができたらやろう、閑散期にやろうと先延ばしにしてしまっている状態。

本当に困ったことになってしまってからどうにかしようと思っても、そうそう解決策や仕組みができるものではないと理解はしているが、行動に移せないこと。

そういった部分をサポートして、解決するお手伝いをしていくこともREPSSの仕事のひとつなんです。

問題があることはわかっているけど、そこに中々手を付けられないでいる。

例えば離職という問題や、労務の見直しなど、やりたいんですけどねといった部分に手をつけていきませんか?

そこを見て見ぬふりを長く続けてしまうと、美容室経営に大きな打撃が生じてしまうかもしれません。

 

お客様やスタッフに関わることは、優先順位が高いことがおおいはずです。

よくある話かもしれませんが、ちょっと時間良いですか?というスタッフがいて、忙しくてすっかり忘れてしまっていた。

些細なことかもしれませんが、相手にとっては優先順位が高いことかもしれません。

自分自身の基準だけではなく、相手がいる場合は相手の立場に立って優先順位を付けていく。なんとなく蔑ろにされているかな?と感じさせてしまっては新たな問題を発生させる恐れがあります。

何から片付けていきますか?

一旦立ち止まって考えてみて、優先順位を付けてみてはいかがでしょう。

冷静に考えてみると、付けていた優先順位が逆転するかもしれませんし、そういえばという事を思い出し、より整理できると思います。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。