個別ミーティングの必要性@レップ千葉

新リーダーの千葉と吉里に、社長職としてのすべての業務を第16期の12月から移譲しています。

 

この1年を経て、次に行うのは株式の譲渡です。中小企業のほとんどの会社は社長が大株主ではないでしょうか?私の学びには「既得権にぶらさがるかっこ悪い生き方をするな」という教えがあります。その教え通り、決裁権も株式も順次譲渡していきます。

 

新社長や新役員という名ばかり役員ではなく、株主として自分の会社として、当事者意識をもってチャレンジして欲しい。その意味が今は分からなくても、いずれその事がどれだけ大きな意味を持つのかは、勉強して経験を積んでいけばその意味が分かってくるでしょう。

 

そして次なるチャレンジの準備です。

 

では、新リーダー千葉ブログです!(後半、社長をちょっとディスっている部分がありますが、千葉なりの優しさとポジティブに受け止めましたw)

 

社員全員と個人面談

先日、社員一人ひとりと個人面談をしました。

 

REPSS社に入社してから、実は初めてのことなんです。今までは代表の下道や副代表の石井の仕事だったわけですが、今回は私と吉里がそれぞれ面談をしたんです。

 

ぶっちゃけ2〜30分位で終わっちゃうかも?なんて思っていたのですが、実際やってみたら結構話が盛り上がり、長い人だと2時間位話したのではないでしょうか。

 

それぞれの思うところや方向性の確認、ややぶっちゃけ話など、こういった時間の大切さが改めて実感できました。みなさん、個人面談されていますか?

 

良かれと思っていた事がそうではない事も

以前のブログで理美容室の社会保険が、絶対的に必要な要素ではない可能性があると書いたことがあります。経営陣からすれば、普通の理美容室ではやれていないことを充実させている。と思っていますよね。

 

実際に喜んでいるスタッフももちろんいるでしょうし、無いよりあったほうが良いし、組織としても必要なところですし法人の場合は義務でもあります。しかし、それが離職対策になっているかというと必ずしもそうではないと感じています。

 

もっと稼ぎたい、もっと休めたらいいのに。と思っているスタッフは、より良い環境を求めて転職していってしまっている現実がありますよね、もちろん全てには当てはまりませんが。

 

一部のスタッフには効果的ですが、全てのスタッフに効果的とは限らない、そう感じるんです。今回の個人面談でそれを強く感じました。それぞれ重要視しているポイントが違うんですよね。

 

営業職の方が事務所に遅くまで残っている事が多いので、仕事終わりに食事に行ったりします。その話が社内でも普通にあったりするんですが、それが不公平に感じたり、私も美味しいもの食べたいと思っているのでは?なんて思って聞いてみたところ、別になんとも思っていませんと(笑)

 

ランチ奢ってくれれば満足なんでと(笑)

 

細かいところですが、そういった感覚のズレが強要になったりストレスになったりするんでしょうね。良かれと思ったことが、感じているところが必ずしも一致はしていないんですよね。

 

比較的休みの多い会社だと思っているんですが(勝手に休んだりしてるだけですがw)休み取っていいんですかね?と。めちゃくちゃ休みにくかった様子。

 

ガンガン休んでいいよ、でも長期で取るよりチョコチョコ休んでwと本音も出たり。。

 

でもこれが生の声ですよね。休みにくい会社になってしまっているんですよね。そういった声がでないよう、溜まって行かないようにコミュニケーションを取っていく事はとても大事で貴重な意見なので、率先して休みすぎって言われるくらい休んで行こうと思っています。

 

個々の意見も取り入れつつ、ブレない

なんでもかんでも意見を聞いてばかりではいられませんが、重要なのは方向性がブレないことだと思うんです。

 

弊社代表の下道は、お客様から下道さんは本当にぶれないですよね。と言われているのをよく耳にしました。実際のところ言ってる事や手段はコロコロ変わってるんですが(笑)先週言ってたことと全然違うこと言ってたり、言った事を全く覚えていなかったりと結構ブレてるんですよw

 

しかしその根幹はブレていないと感じます。方法や手段は変化するものですが、方向性や根本の根っこの部分は変化をしてもブレていないんですよね。個々の意見を取り入れても、目指すところやイズムは変わらないですよね。

 

意見を聞き入れすぎるとブレていくという考えもありますが、少しの変化で環境整備や意識が上がるのであれば、どんどん取り入れていくべきなのではないでしょうか。

 

年末、みなさんが忙しい時期、REPSS社は少しだけ時間に余裕があり、こういった時間を作れましたので、1月2月の少し落ち着く時期にそういった時間を設けてみてはいかがでしょう。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。