やってみてわかること@REPSS千葉

やってみなきゃ分からないことってありますよね。

どんなに綿密な計画を練っても、絶対にうまくいくと思っても思ったようにいかなかったり、当たり前のことですが。

最近、スケジュールを手帳から携帯の管理に変えたのですが、そこにもやはり良いことと悪いことがあるんです。

慣れ親しんだ手帳

10年間、毎年同じ手帳でスケジュールの管理をしていたので、携帯でのスケジュール管理は正直反対だったんですよね。

管理できればいいと思っていたので。とはいえデジタルで管理すれば共有できるようになるし、お互いのスケジュールを把握しなければいけない事も増えてきたので導入することに。

反対ではありましたが、そうなるならそれでというくらいでしたし、やってみて判断すればいいかという感覚。

初めはすごく使い辛い。手帳一つで出来ていた事がやり辛くなったり、いれた予定が何故か入っていなかったりなど、不具合というか使い慣れていないというか、、、おじさんになると新しいことをするって時間がかかりますよね。

とはいえ、慣れてくるとスケジュール管理が結構楽になった気がしたんですよね。いちいち手帳を見なくてもスケジュールの確認ができる。

使ってみると良いところも結構わかってくるので、このまま電子管理でもいいかなと思ったり、使ってみなければわからなかったことです。

最近、手帳を用意しました

今現在どうしているかというと、両方使っていますw

使ってみた結果、便利は便利なんですがどうしても勝手が悪い部分が出てきてしまったんですよね。

なので、手帳も使っている状態。

でも不思議なもので、使い慣れた手帳に不便を感じることも出てくるんですよね。慣れ親しんで築かなかったことに気付く、新しいものの良さも悪さも試してみてわかったことがある。

結果戻ってしまった部分もありますが、食わず嫌いではなくまずは味わってみるということも重要ですよね。

なんとなくこうなりそうだから、ではなく、使った結界こうだったからというより具体的な話ができるんですよね。

こう思うからより、こうだったからの方が言葉に重みがありますよね。やってないよりもやってみた方が、より経験値が上がるわけですよね。

どうしようもない、取り返しのつかない事を試しにやってみるのはマズいですよね、経営を圧迫するようなことだったり、生活を圧迫するようなことだったり。

そこは慎重にならなければいけませんが、ちょっとした事であればまずは試してみるというのも必要ですよね。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。

次の記事

White+α@REPSS照井