美容室の入社退社サイクル@REPSS千葉

サロンさんから、こんな相談がありました。

毎年新卒は取れていたが、反応が悪くなってきて、離職もあって上手く育たない。最近では中間層や幹部の離職もあって売上も下がってきている。

皆さんだったらどこから手を付けていきますか?

離職の原因は?

新卒の離職、アシスタントの離職、スタイリストの離職、幹部の離職。

同じ離職でも原因は全く異なるでしょう。

このサロンさんでは、新卒は入ってきているが続かない、次第に元々いたスタッフに派生していってしまっている状態ですよね。

おそらく元々いたスタッフも、今までは辞めてしまうような状態ではなかったのではないかと思っています。

アシスタントの離職対策から手をつけるのか、元々いたスタッフ達の対策から手をつけるのか。

私が考えるとしたら、まずは幹部スタイリストの環境整備から手を付けると思います。そこに居続ける理由が薄れてしまった原因があり、これが続くとスタッフ全員に感染していきそうです。

長く勤めたスタッフの離職、簡単に考えてはいけないはずです。

そこから何を学び、どう対策していくのか?

サロンのダメージも考えると、求人よりも何よりも優先して考えるべきですよね。美容師をやめるといった理由以外だと、もっと稼ぎたい(入客したい)自分の店を持ちたい。この2つがおおいのではないでしょうか。

長く働いた魅力はあるはず。でも。という理由が勝ってしまったんですよね。将来を想像できなくなってしまった。これに尽きるのではないでしょうか。

まずはそこから仕組みを考えていく。

アシスタントの離職

美容師を辞めるというのは仕方ない(これも防ぐ事はできるはず)ですが、アシスタントが他店に行ってしまう。

この原因はなんでしょう。

人間関係や相性ももちろんありますので、単純に合わなかったということも絶対にあると思っています。

ただ、離職が続くのであれば。

そこには何か原因があるはずです。その原因を追求しなければいけませんよね。

教育の仕組みに原因があるのか、単純に労働時間が長いのか、休みの日も削って勉強しているのか。

人がいない、定着しない。とい問題があるなら、改善しなければいけませんよね。何から手を付けていくかはそれぞれですが、難しく考えずに、やれることからやっていくでいいのではと思っています。

求人は最後

サロンの内部が整ってから求人です。

せっかく集まったスタッフが抜けていく状態では、いくらスタッフを雇っても無駄になってしまう可能性が高いですよね。

費用をかけたりする前に、まず今できることがあるはずです。

とはいえ同時進行になることも多いですが、社内の環境を整えつつ。これがないと数年立っても人数の増えない、入れ替わりだけがあるサロンになってしまうと思います。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。