第三者の意見@REPSS千葉

サロンのナンバー2から、働き方の相談がありました。

そのサロンオープン時からのスタッフで、現在は役員というポジションについていて、オーナー含めて3人でたまに飲みに行ったりもしていました。

その美容師さんから、役員というポジションから外れて、業務委託という選択もあるよとオーナーから打診があったとのこと。そこについて2人で話したいということで、じっくり話をしてきました。

本人の希望と適所と

実はこの話をする前に、オーナーから相談があったんですよね。

本人のモチベーションが上がっていないのではないか、もっと稼ぎたいという話があったと。オーナーとしてはナンバー2として役職を与え、その役割を与えることが今までの恩返しになり、これから先を考えての判断だったようですが、しっくり来ていなかったようでした。

とはいえ、役員からはずずという選択は、周りからも彼自身もどうなのか?という考えもあり、どう思います?というご相談でした。

本人から稼ぎたいという希望があり、そのスタッフを活かす方法、単純に双方が納得行く形であって、今後無理をして最悪の選択にならないようするのであれば、役職とか周りの意見ってどうでもいいと思うんですと、本人もオーナーも納得の上での新しい仕組みなら作るべきでは?

とお話させていただきました。

その数日後に、その彼と話をしたんですよね。

第三者の意見

もともとが賛成と思っていたので、その考えを伝えました。

本人がやりたいこと、やれること。サロンに対してもオーナーに対してもモチベーションは変わらず持っていること、そうは思っていても歯車が噛み合っていないような感覚があること、プライベートの話もあり、もっと稼ぎたいという思いになっていること。

役職にも特にこだわりもなく、自分自身がサロンに役に立つにはどうしたらいいのかなど、こんなに真面目な話をかつてしたことがなかったなと思うくらいにw

お互いが気を使いすぎて思ったようにいかないだけで、こうした方が良いというのは合致していたんですよね。

数日後に業務委託でやっていくという話がお二人からきました。おそらくうまくいくのではと思っています。

私はどう感じているか、こういう考えなんじゃないですかね?というちょっとしたアドバイスというか意見というか、ちょっと誰かが間に入っただけです。

でもそれだけ話が進んでいく。

私自身がすごいとかそういう話ではなく、第三者からの意見、俯瞰してみる事ができる人からの話が、すっと入っていく、すっと進んでいくということもあるという事を伝えたかったんです。

代弁者が必要なときは、いつでもお声がけください。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。

前の記事

成長の実感@REPSS田口