ちょっとしたリフレッシュ@REPSS千葉

私事なんですが、仕事で帰りが遅くなると、バスが無くなってしまうんですw

田舎に住んでいるので、終バスも結構早く、23時半が最後なんですよね。電車はまだまだあるのにバスが無い。

たまーにタクシーを使ってしまうのですが、なんだか勿体ない感覚があり、できるだけ歩いて帰るようにしているんです。

約4.5キロある道のりを、50分くらいかけて歩いて帰るのですが、まあすれ違わないし車も少ないw

でも、この時間が結構嫌いじゃないんですよね。

特に目的もなく

なんにも考えない時間というか、自由な時間というか。

ただ歩いて帰っているだけなんですが、ちょっとした運動になるかとか、浮いたお金でアイス食べようとか、どうでも良いことを考えながら帰る時間。

次の日が休みの場合、ちょっといつもと違う道を通ってみたりとか。

先日は地図を見ないで違う道から帰ってみようとくねくね曲がって帰っていたら、何故かだいぶ戻っていたようで帰るのに2時間かかったんですがw

普段、仕事で頭を使っている?のでたまにはボケっとしてみる、疲れたからタクシーという選択をしないゆとり。

自分の状態を客観的に考える事ができる良い時間なんです。

みなさん、リフレッシュしていますか?

良い考えが浮かばない

そんなときこそこういう時間が生きてくるんですよね。

一旦離れてみる時間。

時間を置いてみると新たな考えが生まれたり、違う発想が生まれたり、思っていたより大したことがなかったり、より重要に感じたり。

根を詰める事も大事で、そうして生まれるアイデアも絶対にありますが、ふと離れた瞬間に新しいアイデアも生まれたり。

普段あまりオンオフなくお客様から連絡もいただき、仕事の事を考えている時間もあったりする中、ただ無駄に歩いて帰る。ちょっとタクシー代が浮き、ちょっと健康的で、話のネタにもなる。

良い時間ですよね、しょっちゅうは嫌ですがw

視野を広げてみる

集中することももちろん大事ですが、たまに視野を広げてみる。

スタッフ一人からサロン全体へ、美容室から美容業界へ、更には異業種へと、たまにでいいので考えてみる、視野を広げてみる。

そうすることによって物の考え方や見方が、ちょっとしたことで変化することがあります。

いつもと同じルーティンではなく、ちょっと違った事をしてみたり、違う道から帰ってみたり。たったそれだけで少し変化を感じ、新鮮な気持ちになったりすることもあります。

ちょっと行き詰まったり、気分転換してみたいときには、いつもと違うことをしてみたり、考えてみたり。

凝り固まった思考や体が、少しリフレッシュされますよ。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。