美容師独立を減らす@REPSS千葉

美容室の開業件数が増加しているというデータを見ました。

ここ数年横ばいに近い状態ではありますが、これだけ件数が多い中、まだまだ出店という状況は、美容業界特有のものかもしれませんね。

独立に関わらず、同じ業界、業種の中でこれだけ離職し、移転していくというのも特有のものかもしれません。独立し易い、自分のサロンを持ちたいという夢を叶えられる素敵な業界という反面、サロンで雇われ続けるというメリットを感じにくい業界ななのかもしれません。

テコ入れの時期

昔の美容業界は、完全ブラックでした。

社保にも入らず、残業という言葉もなく、休みという言葉も結構な頻度でなくなってしまう仕事。給与は安く、生活するだけでギリギリで、昔話で結構盛り上がれるくらい過酷な環境でした。

とはいえ、そういった時期を乗り越えて経営者になり、自分のサロンを経営している方たちが沢山いるわけです。

いつか自分のサロンを持つ、そういったモチベーションの中踏ん張ってきたわけですよね。

では今はどうなんでしょう?

社保完備は当たり前、有給も当たり前、練習は営業時間内で行い休みはきっちり取れる。

残業が全くない仕事の方が珍しいと思っているので、そこもそれほど悪くないし、給与だって結構稼いでる方が多いです。同年代会社員の友人達と比べて、稼げている方も結構お多いのではないでしょうか。

でも、独立開業は減らないという事実があるんです。

何を変えて、何を取り入れていきますか?

独立を止める、離職を止めるには至っていないという事実がある中、何をどうしていきますか?

独立をしてしまう理由は、大きく分けて2つあると考えています。

1つは、昔から独立を考えていたというケース。夢を叶えるという意味で、防ぐ事も難しいかもしれませんが、考え方によってはサロンの魅力が足りなかった、将来をイメージできなかった事が独立に繋がっているのかもしれません。

もう1つは、独立した方が良さそうというケース。上記と理由は違えど、感じる部分は同じような要素で、サロンの魅力不足、将来に対する不安が勝ってしまった独立です。

時代は変わり、労働環境も変わっているのに、独立開業件数は減っていかない。いずれサロンの幹部やスタイリストがそう感じてしまう事があるかもしれません。

将来をイメージできる仕組みは整っていますか?

終身雇用というのも難しいかもしれませんが、それぞれの年代が抱える不安や不満を取り除くことはできていますか?

成長できる職場、将来をイメージできる会社を作っていかなければ、自分のサロンを持つというところにたどり着いてしまうのではないでしょうか。

この記事を書いた人

千葉 実
千葉 実
美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社の執行役員として所属しております。
美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様やディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。